2022年12月6日

第一の難関、書類選考を突破するための履歴書とは?

履歴書で周りのライバルたちと差をつけたいのであれば、採用担当者に会ってみたいと思ってもらえるような書き方をすることが重要である。具体的にどういったことがポイントとなるのかというと、まずは字のバランスだ。履歴書には書く内容によって枠が設けられているので、それに収まるようにバランスを考えて書くようにする。そして、一文字ずつ丁寧に書けば、真面目に書類作成に取り組んだことが伝わるだろう。

次に写真の写り方だが、これは清潔感を意識することが重要だ。採用担当者は応募者が企業のイメージに合うかどうか、TPOを考えた身だしなみができるかなどを写真を通して見ている。服装や髪型はもちろんのこと、女性ならメイクをきちんと行っているか、男性ならひげを剃っているかなどもチェックされている。写真を見なくても、面接で顔を合わせるから問題ないのではと思っている人もいるかもしれない。しかし、面接前に書類選考がある場合、履歴書に魅力を感じなければ会ってすらもらえないのだ。そのため、写真によって第一印象を良くするというのは、採用を勝ち取るためには必要不可欠である。

履歴書を書く上で志望動機や長所、自己PRの書き方に重点を置いている人も多いだろう。応募者のやる気を伝えることができるため、確かに重要な部分だ。しかし、採用担当者はそれだけを見ているのではない。1枚の書類に対して丁寧に取り組んでいるかどうかという人間性も見ているのだ。それを意識すれば、魅力的な履歴書を書くことができるだろう。